プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

GHUNGROOの味に出会って既に15年近く。
いつのまにかここで仕事をするようになってました。
GHUNGROOは料理に対するまじめさが自慢です。
もっとたくさんの人にGHUNGROOを知ってもらいたいと考えています。
趣味は音楽です。
ボランティアで平和活動やってます。
新参ですがよろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

飲み物/お酒 Feed

2010年7月14日 (水)

チャイのおはなし

最近は日本国中にインドレストランが出来て、どこでも気軽にインド料理が楽しめるようになりました。

ゴングルが出来た15、6年前は、エスニック料理という言葉がちらほら定着し始めた頃で、インド料理自体も特別な時に食べる料理のカテゴリーに入るものだったように記憶しています。

外食に詳しいOLさんでも、「私、インド料理はじめて~」という方がかなりいました。

今の東京では、私鉄の小さな駅にもちょっとしたインドレストランが必ずと言っていいほどありますね。
その数、300とも400とも言われています。


時代の流れを感じます。

そんなインド料理の文化が浸透するにつれて、ドリンクのチャイも一緒に普及してきました。
ご自宅でもふつうに自分流のチャイを楽しんでいる方も多いのではないかと思います。


チャイ(Chai)の語源は、もともと、中国語の「茶(チャ)」からきていると言われています。

お茶は中国が発祥の地ですが、かつて、イギリスの植民地であったインドに紅茶が伝わり、気温が高く暑いインドでは、熱射病予防などのエネルギー補給のために、砂糖とミルクをたくさん入れて紅茶を煮込むチャイが定着していきました。

インドでは、チャイは毎日何杯も飲む飲み物であり、1杯あたり3ルピー(約10円程度)と安く売られています。



このチャイは、インドカレーのスパイスとしても用いられるカルダモンやシナモンやクローブ、ジンジャーなどを紅茶の葉と煮込み、そこに牛乳を加えてさらに煮込みます。
それに砂糖をたっぷり加えるのがインド流。
砂糖、2、3杯は普通です。


まあ、砂糖をたくさん入れるので、高カロリーであるのは間違いないのですが、スパイスの効能があるということで、アーユルベーダの考えにも基づいています。

一言ではチャイ、ですが、スパイスが入るお茶とそうでないお茶を区別してマサラチャイと呼ぶことも稀にあるようです。


ついでに、マサラの説明も、、、。


インドの料理の基本にあるのが、このマサラです。
マサラという名前は一般的な「香辛料」という意味で用いられる場合と、インド料理で使われる「ミックスされた料理ベース」という意味で用いられる場合の二通りがあります。
日本の家庭にそれぞれの味があるように、インドでもこのマサラの調合は家庭や地域によって、また使う料理によっても様々です。

今日は暑いですが、たまには暑い日にホットなチャイでも飲んで、インドに想いを寄せてみましょうか。

2010年6月29日 (火)

インドビール大サービス中!!!

梅雨まっさかりですね。


今日などは日本列島全体が雨マークrain


ゴングルがある南青山もジメジメ・ムシムシmist
不快指数up上昇中ですcoldsweats02


そんなお天気の時には、せめてお食事ですっきり、さっぱりとしていただきたい!

と言うことで、現在ゴングルではインドビール「KINGFISHER」のフェアを開催中!


すっきりした喉越し、さっぱりとした酔い心地のキングフィッシャーストロングを、
なんとyenonezerozeroでご奉仕sign03

「えっ?インドビールが100円?」


「そうです。100円です。」


「大丈夫かsign02ゴングルsweat01


「ん~、多分大丈夫ですcoldsweats01


そんな声も聞こえてきそうですが・・・


とにかくインドカレーにはインドビール。
梅雨時の鬱々とした雰囲気をスカッとインドビールで吹き飛ばしてくださいsign03
お財布にも優しいappli02キャンペーンですhappy01


是非是非ご利用ください~

beershinebeershinebeerインドビールの代名詞、キングフィッシャービールのストロングがなんと100円!!!beershinebeershinebeer

KINGFISHER STRONG BEER FAIR 絶賛開催中です~


7月末までの期間限定watchご奉仕です。

どうぞお早めにhorsehorsehorse

2010年6月14日 (月)

ついに梅雨入りでしょうか

rain今日はしとしと雨です。

関東地方は梅雨入りsign02したんでしょうか。

もちろん今日は雨の日サービスsign03


雨の日サービスは、ランチはポイントが2倍になります。

たとえば、

梅雨入りしたこれからの季節、雨の日にゴングルに5日間通うと、、、、
もう、それだけでfivezerozero円(10ポイントで交換)のクーポンと交換できちゃう計算ですhappy01


うま~く雨の日サービスを利用して、ぜひポイントをためてくださいnotes

2010年6月 9日 (水)

今日は雨の日サービスの日

今日の南青山はrain


ということで、


rain雨の日サービス実施中sign03rain

今日は雨の日サービスの日!


ご来店のお客様には、ランチタイムのポイントを2倍にさせていただきます!


19時からのディナータイムでのご来店の場合は、

キングフィシャーストロングビール(品切れの場合は他のインドビール)一缶、またはマンゴジュース一杯をサービス!


お足もとの悪い中ではありますが、、、、

お得な雨の日サービス、ぜひご利用くださいませsign01

お待ちしておりますbud

2010年1月 5日 (火)

新年早々、ワインに新メニューが仲間入り!

インドワインを中心に充実のワインリストを誇るゴングルのメニューに新しいワインが仲間入りしました。




あのインドビールを代表するキングフィッシャーのワイン、


BOHEMIA ボヘミア


です。


インド本国のワインカテゴリーでは後れを取っていたキングフィッシャーが、満を持して送り込んできたのがボヘミアです。
あえてインドでの生産を選ばず、ニューワールドワインの宝庫、南アフリカの優良なワイナリーとの契約により生まれました。

TPOを選ばず、カジュアルに優れたワインを楽しんでもらいたい、という配慮から、コルクによる封栓ではなくスクリューキャップが選ばれています。


赤は南アフリカの独自の品種、ピノタージュ(南アフリカだけで栽培されているぶどう品種で、ピノノワールとサンソーを掛け合わせて出来た新しい品種。ワイン王国南アフリカを代表する赤ワインとして知られている)。
ベリー系果実の凝縮した味わい、しっかりとしたタンニンと余韻が味わえるワインです。
これを選んだキングフィッシャーはさすがですね。


この白はシュナンブラン、シャルドネの混合で作られています。
実は南アフリカの白ワインはこの組み合わせが大変に多く、数多あるワイナリーが独自の比率でブレンドし、その味を競っています。
ボヘミアのシュナンブラン/シャルドネは、みずみずしい果実風味豊かな味わいと口当たりの繊細さが特徴です。

全体的に力技で攻めてくる個性的なインドワインに対して、この南アフリカ産のキングフィッシャーワインはどことなくマイルドでバランスにこだわった印象があります。

もちろん、すべてのインド料理とのマリアージュも完璧です。

ワインのための風土ともいえるケープタウンの丘で育まれた、優れたワインを是非お試しください。

2009年11月11日 (水)

年末パーティープランのおしらせ!

ぐるなびの広告、最近街でよく見かけますね~


さあこれから飲むぞ~!っていうやつ。


世の中、不景気なだけに、せめて忘年会くらいはあの写真のように元気に宴会を盛り上げたいものですね。

というわけで

年末に向けて、忘新年会にぴったりのお得なパーティーメニューがスタートしましたsign03

豪華なマハラジャ気分満喫のAコース(3500円)とオーソドックスなインド料理を楽しんでいただくには持って来いのBコース(3000円)をご用意!


どちらも平日17時より、4名様以上のご予約で承ります。

notesうれしいことにどちらのコースもスパークリングワイン'MARQUISE de PONPADOUR'を一本サービスでお付けしますnotes


PARTY MENU

Aコース・・・・・¥3500
shineまさにマハラジャ気分! 豪華でお得なコースですshine
パパドゥ
グリーンサラダ
フィッシュティッカ
チキンティッカ
パコラミックス
カレー3種類(チキン・マトン・ベジタブルの通常メニューのカテゴリーの中からそれぞれお好きな物をお選びいただけます)
ナン
ライス

Bコース・・・・・¥3000
cuteインド料理の人気アイテムが揃ったお得なコースですcute
パパドゥ
グリーンサラダ
チキンティッカ
サモサ
カレー3種類(チキン・マトン・ベジタブルの通常メニューのカテゴリーの中からそれぞれお好きな物をお選びいただけます)
ナン
ライス


以上のコースに

オススメ飲み放題コースを追加していただければ、もう忘年会はバッチリ!
幹事さんもニッコリcatface


飲み放題コース・・・・・・¥1880

90分間飲み放題! 平日17時~ こちらもご予約は4名様から承ります。

beerアルコール飲料bar
インドビール
インドワイン
インドラム
インドウイスキー
オリジナルカクテル3種(インディアンパンチ・ウォッカラッシー・カンパリマンゴー)

cafeソフトドリンクjapanesetea
マンゴージュース
ラッシー
ウーロン茶
チャイ
コーヒー


良い日程は比較的早い時間にご予約で埋まってしまいます!

なるべく早くのご予約をお勧めいたします!

お電話、お待ちしております!


telephone zerothreethreefourzerosixzerofoursixfour までsign01


これで忘年会はokfullscissors



2009年11月 6日 (金)

年末に向けて

beer飲み放題コースがスタート!beer

飲み放題コース≪FREE DRINK PLAN≫は90分間飲み放題!
平日17時からで4名様から承ります。

その内容は、

≪アルコール飲料≫
インドビール
インドワイン
インドラム
インドウイスキー
そして、ゴングルオリジナルカクテル3種(インディアンパンチ・ウォッカラッシー・カンパリマンゴー)

≪ソフトドリンク≫
マンゴージュース
ラッシー
ウーロン茶
チャイ
コーヒー

です!

インド料理やカレーと相性バッチリのインドのお酒の数々が、90分間飲み放題!
日本新登場のKINGFISHER STRONGやインドワインの代表格、シャンテリも白・赤、ボトルでご用意しております。

お得な飲み放題コース、通常のセットメニューと合わせて、パーティーやご宴会に是非ご利用ください!


2009年9月29日 (火)

KINGFISHER STRONG 新発売!

KINGFISHER STRONG DEBUT!!!




お馴染みのインドビール、キングフィシャーのストロングが新発売されましたup


実は先日26日の代々木公園ナマステインディアで先行発売デビューを果たし、大好評を博しましたshine
あっという間に用意した100ケースが完売sign03
会場でいち早くお飲みになった方、ありがとうございましたhappy01


このビール、すっきりした喉ごしながらも、7%を超えるアルコール度数の’強い’やつ!


これまでのキングフィッシャーのイメージを良い意味で覆す、ビールらしいビールですbeerbeerbeer


もちろんスパイシーなインド料理にピッタリです。

既にゴングルのドリンクメニューにリストされていますので、是非是非お試しくださいnotes

2009年7月 7日 (火)

七夕ですね

七夕・・・・・。

早いものですね、2009年も後半に入り、既に一週間。

短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るす、なんて、もう何年もしていませんが、素敵な風習ですよね。

そして

night天空では織姫と彦星のロマンチックな逢瀬のおはなし・・・・・heart01

今年はどうやら天の川も見えそうで、二人は一年に一回の逢瀬を楽しむことが出来そうですheart02


現在の新暦での7月7日は梅雨真っ最中のため、晴れる確率は26%しかないそうですから、そういった意味でも貴重な晴れ空sunと言えそうです。



天の川。

我々の銀河系を内側から見た時の無数の星たちの流れるような美しい姿を先人達は川に例えたのでしょう。

銀の河、銀河という呼び名も素敵ですよねshine



ところで銀河は川であると考えられているのは、中国、日本、アラビア、インドのガンジス地方だそうです。
インドでは、天の河の化身、ガンガーという下半身が蛇の女神が地上に降りた姿がガンジス川だ、というふうに考えられているとのこと(大林太良『銀河の道 虹の架け橋(小学館)』)。



残念ながらインドにベガ(織姫)とアルタイル(彦星)の伝承があるかどうかは不明ですが。


はるか天空の物語に思いを馳せながら、今宵ゴングルにて素敵な時間をお過ごしください。


今晩はご予約も比較的スムースのようです。


shine本日も皆さんのお越しを心からお待ち申し上げておりますshine


2009年7月 3日 (金)

インドワインのおはなし vol.3 ~タイガーヒル メルロー~

TIGER HILL  Merlot

インドワインの礎、CHATEAU INDAGE(シャトーインデージ)の中でも一際個性が際立つブランドがTIGER HILL《タイガーヒル》です。



シャトーの中でもトップに位置するハイクオリティーなプレミアムブランドですimpact


どうですか、この面構え。


 


スリムで印象的なボトルシルエットに刻まれた鋭いトラの爪痕。

酩酊してトラの森に迷い込んでしまったら、この爪でイチコロですねbearing


そしてこのワインをプロデュースしているのが、ワイナリーの末娘であるMs.Kavita Chouguleです。
ファッションデザイナーでもある美しい彼女のセンスshineがこの感性豊かなワインを生み出しましたbud

「このワインは大衆的な市場にはフォーカスしない、上質なわずかなボリュームだけに集中しています。」と話すKavita。
インドでも若くセンスの良い上流の女性たちの間でワインが健康に良いという理由からかなり浸透してきているとのことですが、そんな女性たちのためにこのワインを作ることを思いついたとのことです。

その年の最も良い苗から収穫されたぶどうを、イタリアより輸入されたオーク素材の大タンクとフランスのオークバレルでじっくりと熟成されるTIGER HILL《タイガーヒル》。
一枚一枚手張りされるラベルにその誇りが見て取れます。

シャトーインデージはナシク(ムンバイの北東180kmにある町)にタイガーヒルヴィンヤードを開設し、ヴィンヤードとともに、ホテル、レストラン、バー、そしてスパまで備えたリゾート施設を併設、国際ワインとしてのインドワインの向上と高品質のワインを生産することを目的としたブティック・ワイナリーを作り上げました。

タイガーヒルリゾート&スパのスパ外観

タイガーヒルリゾート&スパの客室


さて、今回のご紹介は赤のメルロー《Merlot》。


フランスのボルドーを発祥地とする代表的な赤ワイン用ぶどう品種であるメルロー。
ワインになるとカベルネ・ソービニョン種より熟成が早く、渋味が少ないためソフトで優雅さがあり、スミレのような香りが特徴的と言われています。



レンガ色を帯びた深いプラムの色合いの中から、バニラや干しブドウの甘い香りが立ちあがってきます。

さらりとした酸味とふくらみのある味わいが特徴的な、インドワインの最高峰ともいえる一本です。


そして肝心のインド料理とのマッチング・・・

上品な口当たりには、こんな野趣溢れるお料理との相性がいいと思われます。

シークカバブ

マトンドピアザ


今宵もまたインドワインとインド料理とのマリアージュheart02をお楽しみくださいsign03



ゴングル のサービス一覧

ゴングル