プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

GHUNGROOの味に出会って既に15年近く。
いつのまにかここで仕事をするようになってました。
GHUNGROOは料理に対するまじめさが自慢です。
もっとたくさんの人にGHUNGROOを知ってもらいたいと考えています。
趣味は音楽です。
ボランティアで平和活動やってます。
新参ですがよろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月25日 (月)

外看板一新!

外看板が新しくなりましたsign03


赤く色が入ってなかなかお洒落になりました。


夜の闇にひと際輝くLEDライトの光shineshineshine



浮かび上がるGHUNGROOの文字。



今宵も青山の裏通りで皆さまのお出かけをお待ちしております。

2010年1月19日 (火)

ダブルポイントのサービス、明日から!

ご好評いただいているお客様感謝デーのポイントサービス。

clovercloverclover

移転新装したリフレッシュオープン一周年を記念しまして、
1/20~31の期間中、もれなくダブルポイント差しあげます。

なおかつ、インドのリパブリックデイである1/26は、なんとスリーポイントをまとめて差し上げます。

dollardollardollar

一度にポイントを貯めるチャンスです!

この機会にどうぞご利用ください!

2010年1月 5日 (火)

新年早々、ワインに新メニューが仲間入り!

インドワインを中心に充実のワインリストを誇るゴングルのメニューに新しいワインが仲間入りしました。




あのインドビールを代表するキングフィッシャーのワイン、


BOHEMIA ボヘミア


です。


インド本国のワインカテゴリーでは後れを取っていたキングフィッシャーが、満を持して送り込んできたのがボヘミアです。
あえてインドでの生産を選ばず、ニューワールドワインの宝庫、南アフリカの優良なワイナリーとの契約により生まれました。

TPOを選ばず、カジュアルに優れたワインを楽しんでもらいたい、という配慮から、コルクによる封栓ではなくスクリューキャップが選ばれています。


赤は南アフリカの独自の品種、ピノタージュ(南アフリカだけで栽培されているぶどう品種で、ピノノワールとサンソーを掛け合わせて出来た新しい品種。ワイン王国南アフリカを代表する赤ワインとして知られている)。
ベリー系果実の凝縮した味わい、しっかりとしたタンニンと余韻が味わえるワインです。
これを選んだキングフィッシャーはさすがですね。


この白はシュナンブラン、シャルドネの混合で作られています。
実は南アフリカの白ワインはこの組み合わせが大変に多く、数多あるワイナリーが独自の比率でブレンドし、その味を競っています。
ボヘミアのシュナンブラン/シャルドネは、みずみずしい果実風味豊かな味わいと口当たりの繊細さが特徴です。

全体的に力技で攻めてくる個性的なインドワインに対して、この南アフリカ産のキングフィッシャーワインはどことなくマイルドでバランスにこだわった印象があります。

もちろん、すべてのインド料理とのマリアージュも完璧です。

ワインのための風土ともいえるケープタウンの丘で育まれた、優れたワインを是非お試しください。

2010年1月 4日 (月)

おけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年中はゴングルをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

本年も皆様のマイレストランとなれるよう、従業員一同、精進してまいりますので、変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

新しき年が皆様にとって素晴らしき年になるよう、お祈り申し上げます。

ゴングル のサービス一覧

ゴングル