プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

GHUNGROOの味に出会って既に15年近く。
いつのまにかここで仕事をするようになってました。
GHUNGROOは料理に対するまじめさが自慢です。
もっとたくさんの人にGHUNGROOを知ってもらいたいと考えています。
趣味は音楽です。
ボランティアで平和活動やってます。
新参ですがよろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月10日 (金)

最近の取材

ここのところ営業に重点を置いていて、更新がご無沙汰でした・・・coldsweats02


そんなこんなで、いつの間にか梅雨明け。

先ほどちょっと外に出ただけで猛烈な暑さsunにやられそうになってしまいました。

こんな時こそカレーimpactimpactimpactで、代謝を高めて暑さを乗り切っていただきたいと思います。


さて、ご紹介が遅くなりましたが、現在発行されている雑誌『CLASSY』にゴングルが載っております。



暑い時のスタミナ料理として、ホットなお料理のお店のご紹介記事です。
機会があれば書店などで手にとってご覧ください。


他にも


『METROPOLIS(メトロポリス)』という英語圏の外人の方のためのフリーペーパーにゴングルとインドビール’ゴッドファーザー’の記事が出ています。

こちらは渋谷~青山~六本木界隈の様々な場所で手に入れることができます。


また、取材ではありませんが、8/4発売の『東京ウォーカー』にも簡単なご紹介を載せていただいております。


暑い夏は始まったばかり。

スパイスの効能とホットな辛さのインド料理で、猛暑と冷房に負けない体づくりをどうぞsign03

本日のご予約状況

おしらせ

本日10日金曜日のディナーのご予約状況は、19時から20名様の団体様のご予約が入っており、残席が少なめとなっております。


貸切ではございませんのでフリーでもご来店いただけますが、念のためご来店いただく際は、御面倒でも必ずご予約をいただいてからお出かけくださいますようにお願い申し上げます。


ご予約は

telephonezerothreethreefourzerosixzerofoursixfour

までお気軽にお電話下さいませ。



bud本日も心より皆様のお越しをお待ち申し上げております。bud


2009年7月 7日 (火)

七夕ですね

七夕・・・・・。

早いものですね、2009年も後半に入り、既に一週間。

短冊に願い事を書いて笹の葉に吊るす、なんて、もう何年もしていませんが、素敵な風習ですよね。

そして

night天空では織姫と彦星のロマンチックな逢瀬のおはなし・・・・・heart01

今年はどうやら天の川も見えそうで、二人は一年に一回の逢瀬を楽しむことが出来そうですheart02


現在の新暦での7月7日は梅雨真っ最中のため、晴れる確率は26%しかないそうですから、そういった意味でも貴重な晴れ空sunと言えそうです。



天の川。

我々の銀河系を内側から見た時の無数の星たちの流れるような美しい姿を先人達は川に例えたのでしょう。

銀の河、銀河という呼び名も素敵ですよねshine



ところで銀河は川であると考えられているのは、中国、日本、アラビア、インドのガンジス地方だそうです。
インドでは、天の河の化身、ガンガーという下半身が蛇の女神が地上に降りた姿がガンジス川だ、というふうに考えられているとのこと(大林太良『銀河の道 虹の架け橋(小学館)』)。



残念ながらインドにベガ(織姫)とアルタイル(彦星)の伝承があるかどうかは不明ですが。


はるか天空の物語に思いを馳せながら、今宵ゴングルにて素敵な時間をお過ごしください。


今晩はご予約も比較的スムースのようです。


shine本日も皆さんのお越しを心からお待ち申し上げておりますshine


2009年7月 3日 (金)

インドワインのおはなし vol.3 ~タイガーヒル メルロー~

TIGER HILL  Merlot

インドワインの礎、CHATEAU INDAGE(シャトーインデージ)の中でも一際個性が際立つブランドがTIGER HILL《タイガーヒル》です。



シャトーの中でもトップに位置するハイクオリティーなプレミアムブランドですimpact


どうですか、この面構え。


 


スリムで印象的なボトルシルエットに刻まれた鋭いトラの爪痕。

酩酊してトラの森に迷い込んでしまったら、この爪でイチコロですねbearing


そしてこのワインをプロデュースしているのが、ワイナリーの末娘であるMs.Kavita Chouguleです。
ファッションデザイナーでもある美しい彼女のセンスshineがこの感性豊かなワインを生み出しましたbud

「このワインは大衆的な市場にはフォーカスしない、上質なわずかなボリュームだけに集中しています。」と話すKavita。
インドでも若くセンスの良い上流の女性たちの間でワインが健康に良いという理由からかなり浸透してきているとのことですが、そんな女性たちのためにこのワインを作ることを思いついたとのことです。

その年の最も良い苗から収穫されたぶどうを、イタリアより輸入されたオーク素材の大タンクとフランスのオークバレルでじっくりと熟成されるTIGER HILL《タイガーヒル》。
一枚一枚手張りされるラベルにその誇りが見て取れます。

シャトーインデージはナシク(ムンバイの北東180kmにある町)にタイガーヒルヴィンヤードを開設し、ヴィンヤードとともに、ホテル、レストラン、バー、そしてスパまで備えたリゾート施設を併設、国際ワインとしてのインドワインの向上と高品質のワインを生産することを目的としたブティック・ワイナリーを作り上げました。

タイガーヒルリゾート&スパのスパ外観

タイガーヒルリゾート&スパの客室


さて、今回のご紹介は赤のメルロー《Merlot》。


フランスのボルドーを発祥地とする代表的な赤ワイン用ぶどう品種であるメルロー。
ワインになるとカベルネ・ソービニョン種より熟成が早く、渋味が少ないためソフトで優雅さがあり、スミレのような香りが特徴的と言われています。



レンガ色を帯びた深いプラムの色合いの中から、バニラや干しブドウの甘い香りが立ちあがってきます。

さらりとした酸味とふくらみのある味わいが特徴的な、インドワインの最高峰ともいえる一本です。


そして肝心のインド料理とのマッチング・・・

上品な口当たりには、こんな野趣溢れるお料理との相性がいいと思われます。

シークカバブ

マトンドピアザ


今宵もまたインドワインとインド料理とのマリアージュheart02をお楽しみくださいsign03



ゴングル のサービス一覧

ゴングル