プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

GHUNGROOの味に出会って既に15年近く。
いつのまにかここで仕事をするようになってました。
GHUNGROOは料理に対するまじめさが自慢です。
もっとたくさんの人にGHUNGROOを知ってもらいたいと考えています。
趣味は音楽です。
ボランティアで平和活動やってます。
新参ですがよろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« ゴングルの看板メニュー その2 | メイン | ゴングル二階、EAST is EASTでニューワールドワインの試飲会開催! »

2009年5月21日 (木)

カレーと気温の関係

今日も暑いですねsun
気温がぐんぐん上昇しましたup

annoyannoy暑くなってくるとカレーを食べたくなりませんか?annoyannoy

気温の上昇に伴って売上が伸びる商品を「昇温商品」up 気温の下降に伴って売上が伸びる商品を「降温商品」down と言うそうです。

カレーはビールやアイスクリームと並んで「昇温商品」の立派な代表格ですよねshine

ウエザーマーチャンダイジングの考え方を提案しているLBWという会社によると、「気温によって、人体の基礎代謝量が変わり、それによってカロリーに対するニーズが変わる。一般的には、カロリーが低そうに感じられるものが昇温商品、高そうに感じられるものが降温商品となる」とのこと。
辛味を摂って体内の温度調整をしようということも関係ありそうです。

今日はいつもより少し辛いimpactカレーをご注文なさってみてはいかがでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568357/28602103

カレーと気温の関係を参照しているブログ:

コメント

とても興味深い内容です。

カレー=夏というイメージもありますが、意外にも寒くても人気があるのも事実ですよね。

冬はスパイスで体を温めたいのかな?

むっちゃんさん

そーですよね、冬は香辛料の働きで体が温まりますしね~
夏とか冬とか関係なく、結局一年中食べていたいのがカレーということですよね。

僕は特に夏に汗を拭き拭き食べる辛口のインドカレーが好きです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ゴングル のサービス一覧

ゴングル